読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発見の毎日!見方を変えたりしながら生きていく

見方を変えると新しい発見もあるんですよね。

ボート会場の吟味で使われるアスリートファーストの意味がよくわからない

最近テレビなどでよく使われるアスリートファーストという意味がよくわかりません。

 

ボート会場の吟味でよく使われることなのですが、アスリートファーストではなく会場設営ありきになっているのではないか、つまり、無駄にお金を使うことになるのではないかということが、この問題の本質なのでしょうが、オリンピックというものが、どうも最近は政治の道具になってしまっていることが問題の本質ではないかと思われるのです。


設備を良くすることがアスリートファーストになるのでしょうか。自分には疑問が残ります。オリンピックの為だけではなく、後々も使えるようなものを作るというのもなかなか難しいものです。オリンピック用に作るのが一番の目的なわけですから、これが後々まで使われるかどうかなど、どう吟味しても判断できるものではありません。


つまり、最初から答えが出ないことをさも吟味していると言わんばかりになっているような気がするのです。オリンピックというものの意味がどんどんと変わってきてしまっているという気がします。

 

ボート競技に関わらず、オリンピックというのは、スポーツの祭典であって政治が関わってくること自体が意味不明です。ボート競技をどこでするのかを政治家が決めるということ自体がよくわからないのです。

f:id:hakken-days:20161224133800j:plain