読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発見の毎日!見方を変えたりしながら生きていく

見方を変えると新しい発見もあるんですよね。

魚沼産コシヒカリのすごさと違い

魚沼産コシヒカリはとてもおいしいことで有名です。お米の産地である新潟県にあります。

 

魚沼産コシヒカリとほかのお米の違いは、つや、ふっくら具合、甘味が挙げられます。つやがあることで見た目からもおいしく感じられます。

 

ふっくらとしていて腹持ちが良いので、茶碗一杯でお腹いっぱいになります。甘味があり、納豆やノリの佃煮などをかけてたべてもおいしいですが、そのままでもおいしく食べられます。

 

また、高級寿司屋さんでも魚沼産コシヒカリは使われています。ステーキ屋では、熟成されたコシヒカリもあって人気です。

 

その他にも違いはあり、新米が流通しています。なので、限られた時期にしか買えませんし、食べられません。

 

更なるすごい違いは、寝かせれば寝かせるほどおいしくなるとか。出荷時期にまとめ買いして数か月後に炊飯してもふっくらしていて、つやもあり、甘くて新米同然のおいしさだと感じる人も。

 

長持ちするのは、うれしいです。最近では、ぜいたくにもおせんべいにしたり、きりたんぽにされたりも一部ではされています。どんな料理にも合うと感じています。

 

炊飯器が古いものでも、おいしく炊けるので、替え替えが出来なくても、お米を工夫すれば、うまいコメが日常的に食べれます。

 

f:id:hakken-days:20161106094102j:plain